最終更新 : 2017/07/28

FM-7エミュレータ XM7
-an eXcellent fujitsu Micro seven emulator, for 7 platforms-

ここにあるXM7はV3.0L31/V2.5L21以降、中途半端な知識と技術力しかないプログラマが開発に携わったので、数知れないほどの欠陥があります。
完璧なエミュレーションを希望される方は、 トマ氏のXM7dashArtane.氏/武田俊也氏のeFM7シリーズのご使用をお勧めします。(2016/1/11)

目次


はじめに

XM7は、1982年に富士通より発売された8bitパソコン、FM-7のエミュレータです。FM-7は「究極の8bitMPU」6809を2つ搭載したホビーパソコンで、FM-8の後継機種として登場しました。FM-7がベストセラーとなった後、FM-77→FM77AV→FM77AV40と拡張を続け、1988年発売のFM77AV40SXをもってシリーズ終了となっています。

XM7はエミュレーション機種によってV1〜V3まで3系統のバージョンに分かれており、いずれも開発終了しています。

バージョン系列エミュレート機種対応プラットフォーム最新バージョン
V1.0FM-7X68k,PC-98x1,Linux,Win16,FM TOWNS,IBM-PC,Win32V1.0L20(開発終了)
V1.1FM-7,FM-77+400ラインセットI,FM-8Win32V1.1L77a
V2FM-7,FM77AVWin32V2.9L77a
V3FM-7,FM77AV,FM77AV40EX/SXWin32V3.4L77a

動作OS

XM7はWindows95以降のWin32系OS(Windows95/Windows98/WindowsMe/WindowsNT4.0/Windows 2000/Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10)+DirectX3以降で動作するようデザインされています。
ただし、OSによっては以下の制限事項が発生します。

ROM

[著作権法上の警告]
XM7を実行するには、FM-7シリーズ/FM-8のROMデータをファイル化したものが必要です。
ROMデータは、使用者が所有しているFM-7シリーズ/FM-8実機から取り出す必要があります。
実機をお持ちでない方はXM7を使用することはできませんのでご注意ください。


[COPYRIGHT WARNING]
In order to execute "XM7", ROM data of FM-7/8 series are required.
The ROM data shall be extracted from the user's own real FM-7/8 series machines.
Be careful, if you do not have any real machines, you cannot use "XM7".


XM7では以下のファイル構成を想定しています。
なお、XM7 V3.4L50より動作モードによる漢字フォントの切り替え対応のため、JIS83準拠第1水準漢字ROMフォントのファイル名が「KANJI.ROM」から「KANJI1.ROM」に変更されました。V3.4L40以前を使用されていた方はリネームを行ってください。(再度SAVEROM2ユーティリティを使用してROMデータを取得する必要はありません。)

ファイル名ファイルサイズ内容配置空間配置アドレスV1.0V1.1V2V3
FBASIC30.ROM
31,744bytes
F-BASIC V3.0, F-BIOSメイン$38000-$3FBFF
BOOT_BAS.ROM
512bytes
ブートROM (BASICモード)メイン$3FE00-$3FFDF
BOOT_DOS.ROM
512bytes
ブートROM (DOSモード)メイン$3FE00-$3FFDF
BOOT_MMR.ROM
512bytes
ブートROM (隠し)メイン$3FE00-$3FFDF
SUBSYS_C.ROM
10,240bytes
8x8フォント
サブモニタROM (タイプC)
サブ$1D800-$1FFFF
FBASIC10.ROM
31,744bytes
F-BASIC V1.0, F-BIOS (FM-8)メイン$38000-$3FBFF
BOOTBAS8.ROM
512bytes
ブートROM (BASIC,FM-8)メイン$3FE00-$3FFDF
BOOTDOS8.ROM
512bytes
ブートROM (DOS,FM-8)メイン$3FE00-$3FFDF
SUBSYS_8.ROM
10,240bytes
8x8フォント
サブモニタROM (FM-8)
サブ$1D800-$1FFFF
SUBSYSL4.ROM
18,432bytes
400ラインセット
サブモニタROM
サブ$19800-$1BFFF
$1E000-$1FFFF
ANKCG16.ROM
4,096bytes
400ラインセット
テキスト画面フォント
CRTC
KANJI.ROM
131,072bytes
JIS78準拠 第一水準漢字、非漢字I/O4バイトI/O経由
INITIATE.ROM
8,192bytes
FM77AV イニシエータROMメイン$36000-$37FFF
SUBSYS_A.ROM
8,192bytes
サブモニタROM3 (タイプA)サブ$1E000-$1FFFF
SUBSYS_B.ROM
8,192bytes
サブモニタROM3 (タイプB)サブ$1E000-$1FFFF
SUBSYSCG.ROM
8,192bytes
キャラクタROM
サブモニタROM1/2 (4バンク)
サブ$1D800-$1DFFF
KANJI1.ROM
131,072bytes
JIS83準拠 第一水準漢字、非漢字I/O4バイトI/O経由
KANJI2.ROM
131,072bytes
JIS83準拠 第二水準漢字I/O4バイトI/O経由
DICROM.ROM
262,144bytes
漢字変換辞書メイン(※)$2E000-$2EFFF△(※)
EXTSUB.ROM
49,152bytes
拡張サブモニタROM (タイプD,E)メイン$2E000-$2EFFF
JSUBMON.ROM
16,384bytes
辞書アクセスルーチンROM日本語サブ$C000-$FFFF
(※V1.1の場合、日本語サブシステム $A000-$AFFFにマッピングされます)

FM-7シリーズを用いたROM取り出し方法(V1対応)はこちらで紹介しています。
日本語通信カード上のROM取り出し方法(V1.1対応)はこちらで紹介しています。
FM77AVシリーズを用いたROM取り出し方法(V2対応)はこちらで紹介しています。
FM77AV40/EX/SXを用いたROM取り出し方法(V3対応)はこちらで紹介しています。
FM77AV40EX/SXを用いたJIS78第一水準漢字ROM取り出し方法(V1/V2/V3対応)はこちらで紹介しています。
CMT I/F・ダンプリスト入力によるROM取り出し方法(V1/V1.1/V2/V3対応)はこちらで紹介しています。

※XM7向けの互換ROMセットがApollo氏のXM7お手伝いぺ〜じから入手できます。あわせてご覧下さい。

前バージョンからの変更点

V3.4L77→V3.4L77a,V2.9L77→V2.9L77a,V1.1L77→V1.1L77aの共通変更点一覧です。 V3.4L70→V3.4L77,V2.9L70→V2.9L77,V1.1L70→V1.1L77の共通変更点一覧です。 V1.1L70→V1.1L77の変更点一覧です。 V2.9L77aは、上位バージョンであるV3.4L77aをベースに、FM77AV40EX拡張部分を削除したバージョンです。動作としてはV3系でエミュレート対象機種をFM77AVにした場合と同等ですが、バージョン判定・振り分けが不要な分軽くなっています。またROMはV2のセットで動作します。

ダウンロード

XM7本体

XM7 for Win32 + DirectX (V3.4L77)
XM7.exeおよびドキュメントです。別途、FM77AV40EX/SXのROMデータが必要です。
xm7_3477.zipのダウンロード (311,524 bytes, LaCoocan)


XM7 for Win32 + DirectX (V2.9L77)
XM7.exeおよびドキュメントです。別途、FM77AVシリーズのROMデータが必要です。
xm7_2977.zipのダウンロード (290,801 bytes, LaCoocan)


XM7 for Win32 + DirectX (V2.9L77-V2憑き)
XM7 V2にFMTV-151のチャンネルコール再現機能を追加したものです。絶対本気にしないこと。
XM7.exeおよびドキュメントです。別途、FM77AVシリーズのROMデータが必要です。
xm7_2977v2.zipのダウンロード (294,387 bytes, LaCoocan)


XM7 for Win32 + DirectX (V1.1L77)
XM7.exeおよびドキュメントです。別途、FM-7シリーズのROMデータが必要です。
xm7_1177.zipのダウンロード (299,023 bytes, LaCoocan)


XM7 for Win32 + DirectX 差分ファイル (V3.4L77a/V2.9L77a/V1.1L77a)
XM7 L77系からL77a系に更新する差分ファイルです。別途ROMデータが必要となるほか、本サイトにてL77系のXM7をダウンロードする必要があります。

XM7L77a.zipのダウンロード (494,413 bytes, LaCoocan)

ソースファイル

XM7 Full Source (V1.1L77a/V2.9L77a/V3.4L77a)
XM7本体、周辺ツールの全ソースファイルです。V1.1L77a/V2.9L77a/V3.4L77aの兼用になっています。
MESSでのソース無断盗用問題が発生したため、現在、こちらでの配布は行なっていません(根本的な解決策には至っていませんが…)。
PI.さんのサイトのほうで配布が行われておりますので、そちらから入手してください。
XM7はオープンソースソフトウェアではありません。ライセンス条件に反した利用についてはお断りします。

ツール類

MKEXTSUB(AV40用拡張サブモニタ抽出ツール) v0.3
XM7 V3をFM77AV40のROMデータで動かすための補助ツールです。
FM77AV40専用版F-BASIC V3.4L20システムディスクのD77形式ディスクイメージが必要です。
※XM7 V2をご利用になる場合やFM77AV40EX/SXをお持ちの場合は、ダウンロードする必要はありません。
mkextv03.zipのダウンロード (31,543 bytes, LaCoocan)


MAKEFONT(XM7/Unz用フォントファイル作成ツール) v0.32
Windows用フォントからXM7・Unz(Kasanova氏作)用のフォントファイルを作成するツールです。
makefont032.zipのダウンロード (40,806 bytes, LaCoocan)


過去のバージョン


公開日対応機種V3.xV2.xV2.x-V2憑きV1.1
2015/08/23Win32 V3.4L70
(309,123 bytes)
V2.9L70
(288,942 bytes)
V2.9L70-V2憑き
(292,992 bytes)
V1.1L70
(297,335 bytes)
2014/12/23Win32 V3.4L63
(299,401 bytes)
V2.9L63
(279,632 bytes)
V2.9L63-V2憑き
(282,671 bytes)
V1.1L63
(287,979 bytes)
2014/04/23Win32 V3.4L62
(290,060 bytes)
V2.9L62
(270,574 bytes)
V2.9L62-V2憑き
(273,809 bytes)
V1.1L62
(279,631 bytes)
2013/09/23Win32     V1.1L61a
(278,016 bytes)
2013/08/23Win32 V3.4L61
(289,528 bytes)
V2.9L61
(269,291 bytes)
V2.9L61-V2憑き
(272,630 bytes)
V1.1L61
(277,982 bytes)
2013/04/23Win32 V3.4L60
(289,034 bytes)
V2.9L60
(269,159 bytes)
V2.9L60-V2憑き
(271,839 bytes)
V1.1L60
(277,823> bytes)
2012/12/23Win32 V3.4L52a
(286,192 bytes)
V2.9L52a
(267,575 bytes)
V2.9L52a-V2憑き
(270,015 bytes)
V1.1L52a
(271,967 bytes)
2012/10/23Win32 V3.4L52
(286,020 bytes)
V2.9L52
(267,468 bytes)
V2.9L52-V2憑き
(270,175 bytes)
V1.1L52
(271,815 bytes)
2012/08/23Win32 V3.4L51
(295,493 bytes)
V2.9L51
(277,175 bytes)
V2.9L51-V2憑き
(279,708 bytes)
V1.1L51
(282,109 bytes)
2012/06/23Win32 V3.4L50a
(276,279 bytes)
V2.9L50a
(261,749 bytes)
V2.9L50a-V2憑き
(264,328 bytes)
V1.1L40a
(261,183 bytes)
2012/05/23Win32 V3.4L50
(279,666 bytes)
V2.9L50
(264,921 bytes)
V2.9L50-V2憑き
(268,619 bytes)
V1.1L40
(264,324 bytes)
2011/04/23Win32     V1.1L30a
(256,613 bytes)
2010/12/23Win32 V3.4L40
(272,382 bytes)
V2.9L40
(257,896 bytes)
V2.9L40-V2憑き
(260,413 bytes)
V1.1L30
(256,655 bytes)
2011/07/07Win32 V3.4L31a
(267,617 bytes)
V2.9L31a
(253,867 bytes)
V2.9L31a-V2憑き
(256,717 bytes)
V1.1L21a
(252,236 bytes)
2010/06/23Win32 V3.4L31
(267,410 bytes)
V2.9L31
(253,736 bytes)
V2.9L31-V2憑き
(256,628 bytes)
V1.1L21
(252,112 bytes)
2010/01/23Win32 V3.4L30
(268,317 bytes)
V2.9L30
(252,248 bytes)
V2.9L30-V2憑き
(254,756 bytes)
V1.1L20
(245,658 bytes)
2009/08/23Win32 V3.4L23
(265,745 bytes)
V2.9L23
(250,409 bytes)
V2.9L23-V2憑き
(252,876 bytes)
V1.1L12
(243,259 bytes)
2008/02/23Win32 V3.4L22
(265,492 bytes)
V2.9L22
(250,323 bytes)
V2.9L22-V2憑き
(252,778 bytes)
V1.1L11
(243,571 bytes)
2006/10/23Win32     V1.1L10
(243,113 bytes)
2005/10/23Win32 V3.4L21a
(265,906 bytes)
V2.9L21a
(249,342 bytes)
V2.9L21a-V2憑き
(251,809 bytes)
V1.1べーた・その4
(235,007 bytes)
2005/03/23Win32 V3.4L21
(265,599 bytes)
V2.9L21
(249,295 bytes)
V2.9L21-V2憑き
(251,882 bytes)
V1.1べーた・その3
(232,687 bytes)
2004/12/23Win32 V3.4L20a
(264,036 bytes)
V2.9L20a
(247,783 bytes)
V2.9L20a-V2憑き
(250,486 bytes)
V1.1べーた・その2
(231,741 bytes)
2004/11/23Win32     V1.1べーた
(227,945 bytes)
2004/10/23Win32 V3.4L20
(263,658 bytes)
V2.9L20
(247,572 bytes)
V2.9L20-V2憑き
(250,196 bytes)
 
2004/06/23Win32 V3.4L10
(264,840 bytes)
V2.9L10
(248,972 bytes)
V2.9L10-V2憑き
(251,640 bytes)
 
2004/04/23Win32 V3.4
(263,874 bytes)
V2.9
(247,874 bytes)
V2.9-V2憑き
(250,290 bytes)
 
2003/10/23Win32 V3.3L31a
(259,592 bytes)
V2.8L31a
(244,949 bytes)
V2.8L31a-V2憑き
(247,255 bytes)
 
2003/08/23Win32 V3.3L31
(260,016 bytes)
V2.8L31
(245,442 bytes)
V2.8L31-V2憑き
(247,526 bytes)
 
2003/05/23Win32 V3.3L30
(257,763 bytes)
V2.8L30
(243,251 bytes)
V2.8L30-V2憑き
(245,276 bytes)
 
2003/03/23Win32 V3.3L20
(255,093 bytes)
V2.8L20
(240,756 bytes)
V2.8L20-V2憑き
(243,018 bytes)
 
2003/02/23Win32 V3.3L10
(254,111 bytes)
V2.8L10
(239,325 bytes)
V2.8L10-V2憑き
(241,651 bytes)
 
2003/01/23Win32 V3.3a
(250,164 bytes)
V2.8a
(235,530 bytes)
V2.8a-V2憑き
(237,922 bytes)
 
2003/01/23Win32 V3.3
(250,116 bytes)
V2.8
(235,469 bytes)
V2.8-V2憑き
(237,861 bytes)
 
2002/11/23Win32 V3.2L10
(192,638 bytes)
V2.7L10
(178,009 bytes)
V2.7L10-V2憑き
(180,309 bytes)
 
2002/09/15Win32     V2.7-V2憑き
(180,440 bytes)
 
2002/08/23Win32 V3.2
(193,817 bytes)
V2.7
(178,619 bytes)
   
2002/04/23Win32 V3.1L30a
(180,754 bytes)
V2.6L30a
(169,282 bytes)
   
2002/04/23Win32 V3.1L30
(180,733 bytes)
V2.6L30
(169,237 bytes)
   
2002/03/23Win32 V3.1L20
(179,908 bytes)
V2.6L20
(170,176 bytes)
   
2002/03/04Win32 V3.1L11
(178,796 bytes)
V2.6L11
(169,304 bytes)
   
2002/02/23Win32 V3.1L10
(178,727 bytes)
V2.6L10
(169,144 bytes)
   
2002/01/23Win32 V3.1
(179,137 bytes)
V2.6
(165,183 bytes)
   
2001/08/23Win32 V3.0L31
(169,744 bytes)
V2.5L21
(158,816 bytes)
   

開発環境

開発に使用しているハード・ソフトは以下の通りです。

開発マシン1 : 2代目Lindwurm3。マザーに除湿機能付きの変態っぷりです

Intel Core i7-3770(Ivy Bridge) 3.40GHz(自称), 32GB RAM, 5.5TB HDD
GIGABYTE GV-N670OC-2GD (nVIDIA GeForce GTX 670, 2GB), Creative SoundBlaster X-Fi Titanium Professional Audio
Windows 7 Ultimate Service Pack 1 (x64)
Windows 8.1 Pro (x64), Windows 10 Insider Preview Build 14393 (x64) on VMware Player
Borland C++ Compiler 5.5.1, Netwide Assembler (NASM) v0.98+towns05

開発マシン2 : Panasonic Let'snote SZ5 CF-SZ5BDTQP

Intel Core i7-6600U(Skylake) 2.60GHz, 16GB RAM, 512GB SSD
Intel HD Graphics 520, Realtek High Definition Audio
Windows 10 Pro Version 1607 Build 14393 (x64)
Borland C++ Compiler 5.5.1, Netwide Assembler (NASM) v0.98+towns05

評価マシン : Acer ICONIA W4-820/FH

Intel Atom Z3740 (BayTrail-T) 1.33GHz, 2GB RAM, 64GB eMMC
Intel HD Graphics, Realtek I2S Audio Codec, Acer Crunch Keyboard(JIS)
Windows 10 Version 1511 Build 10586 (x86)

ターゲットマシン1 : FM77AV40EX

WHGPLAY用増設FM音源カード付き×1(new!)、文字放送カード憑き×1、特に拡張なし×2

ターゲットマシン2 : FM77AV40SX

カラーCRTディスプレイ-14(FMDPC232D,モニタケーブルがない)
SONY BRAVIA (KDL-20J1)

ターゲットマシン3 : FM77AV-2

カラーCRTテレビ-15(FMTV-152),ビデオディジタイズカード(FM77-411)

ターゲットマシン4 : FM-77L4

15型カラーディスプレイテレビ CZ-600DB(X68000SUPER/X1turboZ/FM-8と共用)

ターゲットマシン5 : FM-NEW7 (F-BASIC V3.02)

3.5インチフロッピィディスクユニット(MB27631H),14型カラーディスプレイ PC-KD252 (PC-6001mkIISRと共用)

ターゲットマシン6 : FUJITSU MICRO 8 (F-BASIC V1.05)

15型カラーディスプレイテレビ CZ-600DB(X68000SUPER/X1turboZ/FM-77L4と共用)

参考文献

☆FM-7,6809関連

タイトル著者出版社発行年
「FM-7を解析する −番外編−」
(Oh!FM 84年10月号)
Q-Laboratory日本ソフトバンク1984
「FDCを使いこなそう!」
(Oh!FM 84年11月号)
市川 洋側日本ソフトバンク1984
「PCなんか怖くない FM高速書き込みモード」
(Oh!FM 85年9月号)
A.S.D T.I日本ソフトバンク1985
「FM-11 DMAの使い方」
(Oh!FM 85年12月号)
市川 洋側日本ソフトバンク1985
「6809機械語によるグラフィック処理の技法 第6回」
(Oh!FM 86年5月号)
A.S.D S.K日本ソフトバンク1986
「FM77AV キーボードエンコーダ詳解」
(Oh!FM 86年5月号)
Say日本ソフトバンク1986
「I/O活用研究資料編 全機種別I/Oポート」
(Oh!FM 86年7月号)
成瀬 健一日本ソフトバンク1986
「解き明かされるFM77AV新サブモニタの全貌」
(Oh!FM 86年9月号)
斎藤 浩一日本ソフトバンク1986
「そこが知りたい! FM77AV40/20」
(Oh!FM 87年1月号)
Oh!FM編集部日本ソフトバンク1987
「AV40のDMACの使い方」
(Oh!FM 87年4月号)
A.S.D F.S日本ソフトバンク1987
「新サブシステムモニタ徹底解析 タイプE編」
(Oh!FM 87年5/6月号)
山下 博日本ソフトバンク1987
「ゆらぎの世界」
(Oh!FM 87年11月号)
古島 終作日本ソフトバンク1987
「新製品速報 FM77AV40EX/20EX」
(Oh!FM 87年12月号)
Oh!FM編集部日本ソフトバンク1987
「ここが知りたい! FM77AV40EX/20EX」
(Oh!FM 88年1月号)
Oh!FM編集部日本ソフトバンク1988
「F-BASIC解体全書」
(Oh!FM 87年11月号〜88年10月号)
山下 博日本ソフトバンク1988
「FM-7シリーズ徹底活用術」
(Oh!FM 89年5月号)
山下 博、瀬尾 文彦 他日本ソフトバンク1989
「I/Oはこう使え! 【応用編】」
(Oh!FM 89年6月号)
東 豊一郎日本ソフトバンク1989
「F-BASIC解体全書 サブシステム徹底解説」
(Oh!FM 89年11月号・90年1月号)
山下 博日本ソフトバンク1990
FM-Techknow(FM-7シリーズテクニカルノウハウ)阪井末幸ビー・エヌ・エヌ1986
「FM-7 BIOSソース・リスト」
(FM-7/8活用研究)
富士通工学社1983
「FM-7 サブシステム・モニタ ソース・リスト」
(FM-7/8活用研究)
富士通工学社1983
「FM77AV ディスプレイサブシステム解説書」富士通富士通1985
「FM77AV ハードウェア解説書」富士通富士通1986
「FM77AV40EX ハードウェア解説書」富士通富士通1988
「FM-77 ユーザーズマニュアル ハードウェア解説」富士通富士通1984
「FM-77 400ラインセットII取扱説明書」富士通富士通1984
「FM-8 BIOSソース・リスト」
(FM-8活用研究)
富士通工学社1982
「FM-11 ハード仕様」
(FM-7/11活用研究)
富士通工学社1984
「FM-7全回路図」富士通工学社/日本ソフトバンク1982
「インテリジェントマウス(FMMO-101A) 取扱説明書」富士通富士通1988
「日本語通信カード回路図」
(6809活用研究)
富士通工学社1989
「FM-77/NEW7 日本語通信カード説明書」富士通富士通1987

☆その他

タイトル著者出版社発行年
「PC-8801FE/MA2 N88-BASIC/N88-日本語BASIC プログラマーズガイド」日本電気日本電気1988
「富士通FMRシリーズ徹底解析マニュアル 増補改訂版」インタープログビー・エヌ・エヌ1989
「FM TOWNSテクニカルデータブック 改訂3版」千葉 憲昭アスキー出版局1994

参考リンク

PC-8801MAエミュレータ XM8 (PI.氏)
XM7の原作者のPI.さんのサイトです。
現在、PC-8801MAエミュレータ「XM8」、およびXM7のソースコードを公開されています。
XM7dash (トマ氏)
XM7 V1.1をFM-77の1MB FDコントロールカードや128KBバブルメモリなどに対応させた派生版を公開されています。
XM7 V1.1の32KBバブルメモリ対応には氏のソースを流用させていただきました。
なべちゃんのホームページ (渡辺 善美氏)
FM TOWNS,Win9x+DirectXで動作するFM-7エミュレータ、EM-7の紹介があります。
VFD→2D/D77変換プログラムがTOWNS専用ってことで「まさか!?」と思ったらやっぱりF-BASIC386で組んでありました(苦笑)
FEMU7のページ (力卜氏)
FM TOWNS,PC/AT,PC-9801で動作するFM-7エミュレータ、FEMU7の公式ページです。
keisuke ほ〜むぺ〜じ (keisuke氏)
FM TOWNSシリーズで動作するFM-7シリーズエミュレータ、VM7の公式ページです。
GIMONSのページ (GIMONS氏)
かつてXM7のJava,PocketPC,MacOS Xなどへの移植版を公開されていました。XM6 TypeGを含め、現在は公開終了しています。記録のためリンクを保存しておきます。
TAKEDA, toshiya's HOME PAGE (武田俊也氏)
「Common Source Code Project」として、さまざまなレトロPCエミュレータの開発を手がけられています。FM-7シリーズエミュレータとしてはArtane.氏開発の「eFM7」「eFM77AV」などがあります。
XM7お手伝いぺ〜じ (Apollo氏)
XM7を使うためのヒントや、WAV→T77コンバータなどの多くのツールがあります。

M88のページ (cisc氏)
PC-88エミュレータ「M88」のページです。XM7のOPNエンジンはM88のものをベースにさせていただいています。またWin32でのエミュレータ実装技術について多くの示唆をいただきました。
X1エミュの部屋 (ぷにゅ氏)
X1/turbo/turboZエミュレータ「X1R・Xmillennium」のページですでした。FDCにFM-7と同じMB8877Aを使っている関係で、FDCエミュレーションでいくつかヒントをいただいています。
うさの倉庫 (うさ氏)
各種エミュレータのROMEO対応改造版を作成されています。XM7 V3.3/V2.8以降のROMEO対応コードのベースを提供していただきました。
うんづのペエジ (Kasanova氏)
FM TOWNS/MARTYエミュレータ「うんづ」のページです。稀に隠れキャラ状態で掲示板に出没しているような気がするのは気のせいです。
天ぷら工房 (天丸氏)
レトロPCのアイコン、MSX2/PC-8801/Windows用のフリーゲームなどがあります。新デザインのアイコン、およびそのベースアイコンを提供していただきました。

Oh!FM-7 (Laver氏)
FM-7のソフトウェア、ハードウェアを網羅しています。データベース的なページです。
Retro PC Gallery(はせりん氏)
FM-7/8シリーズの様々なスクリーンショットや解析を行っています。ここもデータベース的なページです。
Ooh! OLD PC (大山止揚氏)
「きょうふの水曜日」とかでおなじみの止揚さんのページ。お約束のように冗談プログラムがアップされています。
「エミュレーターについて」のXM7の説明、SAVEROMとSAVEROM2が逆です…
RetroPC.NET (Molice氏)
FM-7のほかX1,X68000などレトロPC関係のニュースを扱っています。

$39
ryu.takegami@mbg.nifty.com.
※精神的に強い衝撃を与えないでください。破損の恐れがあります。